〈映画評〉インド映画「きっと、うまくいく」これを見れば全てうまくいく!

おうち時間

「人生に悩んでる」
「 生きるのが辛い」
「 うまくいかない」

って人は、とりあえず見てほしいです。

コメディ映画でこんなに泣かされることはないのでは?と思うほど。

本当に、お腹の底から笑ったし、感動して涙を拭くのにティッシュをどれだけ使ったことか。

見終えた後は気分スッキリ爽快です!!

インド映画「きっと、うまくいく」の見どころを

ネタバレしない程度にご紹介したいと思います。

映画「きっと、うまくいく」ストーリー

日の出の勢いで躍進するインドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE。エンジニアを目指す天才が競い合うキャンパスで、型破りな自由人のランチョー、機械より動物好きなファルハーン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの“三バカトリオ”が、鬼学長を激怒させ、珍騒動を巻き起こす。 抱腹絶倒の学園コメディに見せつつ、行方不明のランチョーを探すミステリー仕立ての“10年後”が同時進行。根底に流れるのは学歴競争。加熱するインドの教育問題に一石を投じ、真に“今を生きる”ことを問いかける万国普遍のテーマ。

引用:prime video

スピルバーグ「3回も観るほど大好きだ」と絶賛したり、ブラッドピット「心震えた」とコメントしていたとのこと。

納得です。

時間は170分と長いですが、飽きずに最後まで楽しく見ることができました。

見せどころもたくさんあります。

そして、教育問題や若者の自殺率の高さにも触れており、シリアスになり過ぎないように上手く描かれています。

成長著しいインド社会の裏側、全く知らなかったので、少し衝撃を受けました。

現代社会に生きる若者は大変だなぁと…。


ランチョーの生きざまに惚れる!

主演のアーミル・カーン演じるランチョーは、自分の信念をしっかり持っていて、相手が学長であっても自分の意見をきちんと口にできるところがカッコいい。

己を持っている。他人の目を気にしない。

決して「空気が読めない」ではないです。

「嫌われる勇気」という本の大ヒットから分かるように、対人関係で悩んでいる人って、本当に多いと思うんです。

理由は「周りの目を気にする」ことが大部分を占めるのではないでしょうか。

自分の思い込みや、他人から影響を受けることで、自分の心を乱されがちです。

ランチョーのように

「自分を信じて生きる」

「他人に振り回されず、自分の人生を生きる」

これは一生のテーマですね~。

そして、ランチョーが良く口にする「all is well」(きっとうまくいく)、

これはもう口癖にしたいですね。

発した言葉が自分の耳に入ってくるので、口に出して言うことが大切!!



3人の友情に涙!!!

「人の悩みの大半は人間関係にある」といわれる一方で、「人間は他者との関わりの中でしか幸せを感じることができない」と言われています。

幸せホルモンの一つ「オキシトシン」は、人とコミュニケーションを取ることで分泌されるのだとか。

私自身「人間関係が面倒だから、1人でいる方が楽」って考えがちですが、ランチョー、ファルハーン、ラージュー、この3人の友情が本当に素晴らしくて、泣けて、そんな彼らを見ていると、仲間って大切だなーとかんじてしまいます。

ランチョーが友人の成功を心から喜び号泣する場面は、つられて涙が止まりませんでした。

独特な世界観。これぞ「ザ・インド映画」?!

とにかく、独特な世界観があります。

「え? ここで?」

ってところでいきなりミュージカルっぽい歌とダンスが始まるのです。

でも、それは意外性はあっても、変な違和感や嫌悪感はありません。

自然と体が動いてしまうノリの良さ。

歌も、始めはヘンテコに聞こえても(失礼)、良く聞くといい歌だったり、俳優さんのいい声に気づいたりして。

これはインド映画特有なのでしょうか。

ミュージカル好きの私でも楽しめましたよ~。

おわりに

最後に、この映画の魅力のひとつにインドの大自然があります。

大学はデリーにある設定ですが、途中に出てくる「ラダック」「マナリ」という町、ラストシーンに登場する「バンゴンレイク」は本当に美しいです!

10年程前にインドを旅したことがありますが、「もう行くことはないだろうな」と思っていました。
が、この映画を見て再訪したくなったくらい!
インドは広いですから
1週間程度の滞在では良さに気づかないかもしれないですね。

そして映画のラストの、意外な展開、大どんでん返しには驚きました。

良くできた脚本だなーと、関心してしまった。

こんなに後味の良い映画はないのでは!?

冒頭にも書きましたが、見終えた後は気分スッキリ爽快です!

笑いあり、涙あり、愛にあふれた素晴らしい映画に出会えて感動!!

きっと、今後何度も見るんだろうな~。
(好きな映画は繰り返し見るタイプです)

最後までお読みくださり、ありがとうございました。



タイトルとURLをコピーしました