劇団四季ミュージカル「キャッツ」初観劇レポート(2020/01)

Musical

映画版「キャッツ」が公開されるとのことで、以前から興味のあったミュージカル「キャッツ」がとっても見たくなりました。

2020年1月22日。

劇団四季ミュージカル「キャッツ」を観劇。

キャストはこちらです。

席は8列40番。
中々近いです。

S1席、12,500円。

感想を一言でいうと、プライスレス。
値段以上の価値がありました〜。
なんでもっと早く観に行かなかったんだよぉ〜。

今まで観たミュージカルの中でベスト3に入ると言っても過言ではない。

ストーリー、全く下調べなしで、音楽も「メモリー」しか知らず、(メモリーも、キャッツの曲って知ったの最近・・・)
音楽が素晴らしいのはもちろん、キャストの歌唱力もかなりのもの。

あーゆう系の音楽とは想像していませんでした。

好き好き!私好み!!

そして、飽きさせない場面展開の速さ。

次から次へと展開が変わる。

マキャビティが登場するときの「ガシャン」て音にいちいちビビってた(;^_^

ダンスもキレッキレで魅せます。

体のラインの美しさ際立つわ~(後方の女性客が、「1ミリも太れないねっ」って何度も話してた。笑)

まず、シラバブの三代川さんとヴィクトリアの引木さんがカワユイ!

タントミールの杉野さんのスタイルに驚愕!!!

ミストフェリーズの押田さんのダンス!!!

あと、オス猫でカワイイ人いたの。名前分からない…

グリザベラの織笠さんの最後のメモリーにはポロリ。。。

などなど。

いや~、これぞ、ザ・エンターテイメントですね!!

元気出た。
日々の疲れふっとびました!!

大げさだけど、ここ数カ月のクサクサした気持ちがスッキリした!

劇場出てからしばらく口角上がりっぱなしで、しばらくは音楽が頭の中グルグルしていました。

思わず帰りの電車内でネットでロンドンキャスト版のDVD買ってしまった。


このDVDは、四季版とはちょっと違う部分あるけど、
キャッツの音楽、世界観は充分楽しめる。
私は四季版が好きですね~

でも、ロンドン版のランプルティーザ、めちゃくちゃカワイイの。
歌声も好き。
四季よりアクロバティック!

あと、ラムタムタガーがめちゃくちゃセクシー。
歌声もセクシー。
日本人にあの色気を出すのは難しいのかも。

ヴィクトリアとシラバブは四季が好き。(そもそも設定が違います)

四季との違いを発見するのも楽しい♪

なんといっても1000円しないですから。

一度ロンドンでも観てみたい!
行きたい国がまた一つ増えました!!

※ちなみにその後、映画版「キャッツ」見ましたが
これはミュージカル「キャッツ」と別物と考えるべきでしょうね。
オープニングだけです、良かったの。
不自然。違和感しかない。良さが全然出てない。

以上、劇団四季ミュージカル「キャッツ」に大興奮した話でした。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました