「ホホバオイル洗顔」たった1か月で毛穴改善|ベビーオイル洗顔が合わない方へ

スキンケア

数か月前、合わない化粧品を使用したために肌荒れをおこしてしまいました。

何とか肌を健やかに保ちたい!と思っていた時、
ツイッターで知った「ベビーオイル洗顔」。

mimiさん(@mimitan090909)が提唱されている洗顔法で、簡単にいうと、
『クレンジングの代わりにベビーオイルを使い、朝は水かぬるま湯だけで洗う』
という方法。
(★詳しいやり方はコチラをご覧ください⇒「ベビーオイル洗顔」のやり方について

ツイッター上で話題になっており、体験談やビフォーアフターを見ているうちに試したくなり実践。
そして、開始してから約4か月経つ今、以前より毛穴が目立たなくなり、過剰な皮脂分泌がなくなりました。
キメも整ったように思います。
以前は、顔のざらつきが気になるとゴシゴシこすったり、角栓が気になって酵素洗顔したり、などなど肌と毛穴に大きな負担をかけていました。

そこで今回は、私のベビーオイル洗顔の体験をお伝えします。

ベビーオイル洗顔を始めたころの肌や毛穴の状態、どのくらいで肌の変化を実感したかなど、詳しく解説していきます。

まずは、ベビーオイル洗顔の基本のキから見ていきましょう。

「ベビーオイル洗顔」基本のやり方

詳しく知りたい方は、本家本元「mimiさんのブログ」をご覧ください。
「ベビーオイル洗顔」のやり方(mimiの洗顔法)

私もじっくりブログを読んで、やり方を理解した上で実践しています。
ただ私の場合、アトピー体質で敏感肌ということと、
以下の枠内に示したように「ベビーオイルの特徴」をふまえ、最初はホホバオイルを使用しました。
(※途中、ベビーオイルも使用しましたので、使用感などのレビューは記事後半でお伝えします。)

ベビーオイルの特徴

●ベビーオイルは安全なミネラルオイル
●肌の水分保持、保護するのには優秀
●蒸発しにくく、肌の上にとどまるので毛穴をふさぐ可能性
●長時間肌の上にのせておくと、肌内部の油分をもっていかれインナードライになる可能性

かずのすけさんのブログを参考にしました ⇓
「ベビーオイル」って? 意外と知られていない主成分とデメリット

私が購入したのは、無印良品のホホバオイル。
「ホホバオイル洗顔」を続けられるか分からなかったので、とりあえず小さいサイズを購入。


「ベビーオイル(ホホバオイル)洗顔」やり方

①オイルを手に取り、そーっとお顔の上にのせてる
※ゴシゴシ、クルクルはしない。そーっと優しくのせる感じで。
②顔全体にオイルをのせたら、ティッシュでおさえる。
※こすらない。ティッシュをのせ、上から手で優しくすべらせる。
 オイルをティッシュに吸わせるイメージ。
③ティッシュにオイルが付かなくなるまで、きれいなティッシュに変えながら②を行う。
④その後、入浴しても良いし、時間をおいてから入浴しても良い。
 乾燥が気になれば、上から保湿剤を塗っても良い。
⑤入浴時、オイルの残りが気になれば、泡洗顔を行う。
※泡を顔にのせるのは3秒くらい。決してこすらないこと。

慣れない頃は、ティッシュを何枚も使って「もったいないなぁ」なんて思ってましたが、慣れれば3~4枚でキレイにティッシュオフできます。
また、オイルは片手に少しとり、もう片方の手で顔に優しくなじませる、という動作を繰り返します。摩擦を防ぐために、部分的になじませていくのが良いと思います。

mimiさんによると、入浴中に汗と一緒にオイルや落としきれなかった汚れが流れるので、それほど気にしなくて良いとのこと。
大切なのは、「洗い過ぎないこと」。

密着度の高いファンデーション、崩れにくいメイク、濃いアイメイクなどは落ちません。
ポイントメイクリムーバーの使用や、通常のクレンジングをおすすめします。

私のベースメイクは、日焼け止めとルースパウダー、アイブロウ、時々アイシャドウとお湯で落ちるマスカラの使用でしたので、
この方法でも問題ありませんでした。

また、商品によって落ちにくいタイプもあります。

私が普段使用している「インテグレート グレイシィ」のアイブロウペンシルは落ちますが、
「ヴィセ リシェ アイブロウパウダー」は、きれいに落ちませんでした。

「ベビーオイル洗顔」のメリット

ブログ内で、mimiさんは次のようにお話されています。

●NMF(天然保湿因子)という、天然の潤いの素になる成分も一緒に洗い流してしまう
●重要なのは落とし過ぎないこと

mimiさんのブログ⇒https://mimi-skin.com/

クレンジングや洗顔料で顔を洗うことにより、肌が持っている保湿成分を洗い流してしまう。
過剰な洗顔が、肌トラブルの原因になるということです。

肌への負担を防ぐために、『界面活性剤』をできるだけ使わない洗顔方法が、「ベビーオイル洗顔」です。

また、こちらの記事に、洗い過ぎによるお肌への悪影響について書いています。

ベビーオイル洗顔(ホホバオイル洗顔)は美肌効果だけでなく、

●メイク落としが簡単
●ホホバオイルでオフした後、何もつけずに入浴まで放っておいても全然OK
●低コスト
●朝のぬるま湯洗顔は時短になる

というメリットもあります。



「ホホバオイル洗顔」開始~3週間

朝は、水かぬるま湯のみで洗います。
洗顔料、石鹸は使いません。

夜は、ホホバオイル洗顔です。
入浴時は、なるべく泡洗顔はせず、ぬるま湯か水で洗い流すだけにしました。
時々、ぬるぬるが気持ち悪くて泡洗顔することもありますが、基本はぬるま湯か水のみで。
泡洗顔をする時は、泡を優しく顔全体にのせたら、すぐに水かぬるま湯で流すように心がけます。

開始から3週間くらいは、ほぼ顔全体の毛穴から角栓がニョロニョロ飛び出た状態です。
触ると、ザラザラします。

1mくらい離れれば見えませんが、人と近距離で会うとなると、勇気が必要です。

ただ、このご時世ほとんどマスクをしているので助かりました。
マスクなしだと続かなかった(我慢できなかった)かな~と思います。

良いところは、皮脂分泌が減ったこと。
以前は、メイク後2時間もすればメイク崩れをおこし、脂取り紙が必須でした。
しかし、日中ほとんどテカりません。
マスクしてても、です。

「ホホバオイル洗顔」3週間~少し変化が!

3週間ほど経った朝、水で顔を洗っていると、「なんか、ザラザラが減った?」と思い、顔を良く見てみると角栓の大きさ、量ともに半分くらいに減っていました。
毛穴の黒ずみも目立たなくなっています。
皮脂分泌も良い感じに落ち着いてます。乾燥も感じません。

ホホバオイルは、無印良品の100ml入り(1,590円)を使用していましたが、
3週間経過で3分の1くらい残ってました。
コスパは悪くないかなーと思います。

この時点で、ベビーオイルを使ってみました。
落ち具合はホホバオイルと変わりありませんが、ベビーオイルの方がサラサラしていて少し扱いにくいと感じました。

また、私の場合は、オイルを顔にのせた後、少しだけピリッと刺激を感じました。
そして、ティッシュオフ後に少し乾燥します。

やはり私にはホホバオイルの方が合っている気がします。

「ホホバオイル洗顔」2か月~

ホホバオイル洗顔を始めて、2か月経つ頃には顔の角栓はほぼ目立たなくなっていました。
開始当初は、あんなにニョロニョロしていたのに、自然に小さく、少なくなっていきました。
唇の下と、小鼻に角栓が少しある程度です。
このまま順調にいけば、無くなってくれるのかなーと期待。
お肌の状態は良いです。

mimiさんは、ブログ内で『毛穴ケア』についてこのようにお話されています。

●乾燥による肌トラブルの改善は比較的早く感じられるが、毛穴系は時間がかかる
●肌の奥から肌の素を作って表皮に到達するまで3か月くらいはかかる
●バリア機能の低下等でターンオーバーが乱れている人はさらに長い時間がかかるかも

mimiさんのブログ⇒http://mimitan090909.blog.jp/archives/5728616.html

私自身、頬の毛穴、鼻の黒いぽつぽつ毛穴、時々出てくる角栓に悩まされていたので、
長期戦を覚悟していたのですが、思ったより早く改善されたな、と感じています。
ただこれは、個人差があると思います。



「ホホバオイル洗顔」をして気が付いたこと

途中、メイクをしなければならない日があり、普通にメイクをしたので、
クレンジングを使用しました。
すると、翌朝起きると、顔がすごいテカってました。

クレンジングはマイルドなもの、オルビスの『オフクリーム』です。
これ自体は、とても良い商品で、刺激もなく使い心地も好きなんですよ。



別の日は、顔のざらつきが我慢できず、
入浴時にガーゼで優しくこすり洗いをしたことがありました。
同じく、皮脂分泌が過剰になりました。

そして、つい先日(開始から3か月半経った頃)に、入浴して顔を触ると、
角質がふやけたせいかポロポロ落ちてきたので、そのままにしておくのも気持ち悪く、
手でこすって落としてしまったのです。

すると、やはり皮脂が多く出るのです。

顔に強い刺激を与えると、過剰に皮脂が分泌するみたい。
皮膚を外部刺激から守ろうとしているのかな、と思います。

そして、ついつい忘れがちなのですが、顔を洗うとき、スキンケアするときは、そーっと優しく肌に触れることです。
(※「ベビーオイル洗顔」提唱者のmimiさんも、そのようにおっしゃってます。)

というのは、ここ最近、皮脂分泌が多めだな~と感じ、「生理前だからかな」とか「季節の変わり目だからかな」くらいに考えていたのですが、どうやら違ったようです。

いつからか(きっとお肌の調子が良くなってきたので調子に乗ってたのだと思う…)化粧水や日焼け止めを付けるとき、そこまで意識して優しく触れてないことに気づきました。
そこで、化粧水を付けるときは、絹ごし豆腐を触れるくらい優しくつけます。
日焼け止めを塗るときも、皮膚が動かないように意識して指をすべらせます。
オイルをティッシュでおさえるときも、優しくと唱えながら。
すると、皮脂はあまり出なくなるんですよね。

小さなことですが、『肌に刺激を与えない』ってとても大切なんだと身をもって実感しました。

「ホホバオイル洗顔」と相性の良いアイテム

角栓がニョロニョロしていた時、使い安いと思った商品をご紹介します。

使い心地が良いアイテム

●メンソレータム サンプレイ ベビーミルク(SPF34/PA+++)
●オレゾナチュラル パーフェクトミルクUV(SPF50/PA++++)
●キュレル UVローション (SPF50+ PA+++)

全て紫外線吸収剤が配合されていません
特に敏感肌さんは、紫外線吸収剤無配合の商品がおすすめです。

全部、シャカシャカ振ってから使用するタイプで、ゆるめのテクスチャです。
色は乳白色で、シミや色むらの補正効果はありません。ぼんやりはさせてくれますが。

でも、色が付いてなくて柔らかめのテクスチャの方が
ニョロニョロ飛び出た角栓を悪目立ちさせません。
肌に刺激もなく、とても使い安かったです。

外で過ごす時間が長めの時は、SPF50を使ってました。

この中で一番使い安いのは、一番お手頃価格の
「メンソレータム サンプレイ ベビーミルク」です。


余計なものが入っていないので肌に負担もかけず、色も付かず、ゆるいテクスチャで塗りやすい、その上値段も安い。
使い安いアイテムです。

これらの日焼け止めをぬり、ノブのルースパウダーをつけてベースは終わりです。



逆に、使い心地が悪く、ニョロニョロ角栓を目立たせて肌を汚く見せてしまった商品もあります。

●ミノン ブライトアップベース UV
●ノブ UVシールドEX
●マキアージュ ドラマティックジェリーコンパクト

ミノンとノブは、紫外線吸収剤が入っておらず、敏感肌さんにもおすすめの商品ですが、角栓ニョロニョロ期に使用すると、肌がとても汚く見えます。
テクスチャが固めで、塗る時肌に負担になるからか、脂浮きも気になりました。

ミノンのブライトアップベース UVは、口コミ評価も高いですし
ほどよくカバーしてくれるのですが、私の肌には合わなかったようです…


マキアージュの「ドラマティックジェリーコンパクト」は
塗った直後は「キレイ♡」って思うんですが、30分後くらいに顔を見ると
毛穴が目立って汚く崩れてました。

何度か試しても結果は同じ。合わないんだな、と実感。
こちらは、紫外線吸収剤(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)が配合されていますので
肌に負担をかけているのかなとも思います。
付けたてのキレイさは好きなんですよ~。
お肌が強い方には良いかもしれないですね。


おわりに

私にとって「ホホバオイル洗顔」のメリットは、

●皮脂の分泌が減った
●毛穴、角栓が目立たなくなった
●キメが整った

化粧崩れには、ずーっと悩まされてきました。
それが改善されたのはとてもうれしいことです。

また、毛穴の黒ずみ、角栓も目立たなくなりました。
(以前は、角栓を爪で押し出したり、毛抜きで取ろうとしたり・・・絶対ダメですよ!!)

シミやたるみ毛穴には、残念ながら効果はありません。が、キメが整ったからか、光の反射効果でシミが少し目立たなくなった気がします。

この洗顔法は、メイクをきちんとする方にとっては向いていないかもしれませんが、ベビーオイルやホホバオイルで落ちる程度のメイクをしている方にはとてもおすすめの方法です。

肌には、なるべく余計なものはのせない、刺激を与えない、これが健康な肌づくりに大切なことなんだと実感しました。

この記事が、肌にお悩みを持つ方の参考になればうれしく思います。
最後までお読みくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました